京都駅の地下で、70歳手前の白人のご夫婦が一生懸命に地図を広げて話し込んでた。

多分、迷ってるんだろうなと思い話しかけた。(こういう人は町中にたくさんいる)

「Can I help you?」(どうかしましたか?)

と尋ねると、奥さんの方がいたずらっぽく笑ってこう答える。

「Probably!」(多分ね!)

うわー、外人さんっぽい受け答えや!とアメリカ映画のワンシーンに入り込んだような気持ちになって会話を始めた。

 

どうやら、そのご夫婦は祇園に行きたくって道に迷ってるらしい。

祇園だったら、地下鉄烏丸線に乗って、四条で降りて、東に1km弱進んで鴨川を越えるとたどりつく。

いかにもなコースだなーと思いながら、地図を見ながら説明。こういう時は京都に住んでるものとして嬉しくなる。

 

四条烏丸から祇園まで1km弱だから1マイルと伝えた。

駅からは歩いていくのは結構遠い。うーーんという感じになってたので、タクシー捕まえて行けばいいよと伝える。

実際にはどれくらい離れてるんだろうと、今グーグルマップで調べてみたら下のマップが。

 

 

スクリーンショット 2018 04 11 21 01 04

 

烏丸四条の交差点から約1.7km。おお!ちょうど1マイル(1.6km弱)くらいや。

 

とまあ、距離感覚の正確さに時間差で自己満足。

 

 

そして、そのご夫婦は「230円で行けるの?(Two thirty?)」

と聞くので、実際にチケット売り場のボードを見ると210円。

 

切符販売機のタッチパネルに触ると、「ああ、いいよ自分で買うよ大丈夫!」とのことで、チケット売り場で、地下鉄の入り口を説明して(ちょうど、Subway gateの看板が見えた)握手して笑って別れた。

楽しい時間だったなあ。

 

京都に住んでると英会話の練習には事欠かない。

外人さんはたくさんいるので、日常の風景になってるけど時々話をしてみると言語も、文化も、空気感も違うんだと改めて感じてそのあとに外人さんを見るとぐっとリアルに見える。

同じ人間で、まったく違う言語と、バックグラウンドを持っているんだ。と、生々しく感じる。

 

この街に住んでるだけで、世界中のいろんな人に会える。

これからも時々、楽しんでお話ししたい!!

いい時間でした。