今週から本格的に仕事始め。

ちなみに今週の課題は「1年間を見通すつもりの視点で活動すること」でした。

 

一週間単位で引き続き、PDCAを回していきたい。

誰かと喋るときも意識して「1年間を見通す」という単語を使ってみると、実際に仕事でも「一年スパンの仕事」が発掘できたり、なかなかいいなと思った。

 

<きづき>

一週間の課題キーワードを日常の中で意識して使うと、その言葉が目的のものを引っ張り出してくれる。

 

さらに長い視点で、家族も

さらに長い視点で、これからを見通すために今後10年を10年✖️12ヶ月=120ヶ月ということで120のマス目をエクセルで作ってみた。

今年、ぼくは41歳なのでちょうど50歳の12月まで120個のマス目。

そこに今後、丸をつけて時間という資産を意識して過ごそうと思う。

 

あと、嫁さんと子供、親や兄弟のものも横につけてみた。10年経つとみんな10才年を取るんだな。

リアルに感じれた。

 

重たい仕事を片付けて行く

少し前から決まってたプレゼンや、長い間やってるプロジェクトがなんとか終わった。(あと少しのものもある)

そして、回っていかないプロジェクトは関係者にアラートを立てて、指示を出し、フォローしていく。

 

この世は自己肯定感を揺らがせるものがたくさんあるな

改めて、長期休暇から仕事に入って行くとこの世は「自己肯定感を揺らがせるもの」が、たくさんあるなと思う。

自分なんて大したもんじゃないんだ」と思ってしまうものがたくさんある。

しかし、そんなことはない。自分は自分でいいし。あなたはあなたでいい。

 

坂爪さん、ほんとそうだよね。

来週の課題は「人を肯定する言葉をマックスで吐いていく」にしよう。と、ともにまだ「一年間を見通すという視点」は持ち続けて来週もいきたい。