京都の我が家に帰って来て、自分の部屋に入ってみると、「なんて、コンテンツの創作に適してるんだ!」と驚いた。

 

今も、自分の部屋(この部屋からが比叡山が見える)でこのブログを更新している。

 

音源をモニターするためのスピーカーからは今、apple musicでmy favorite mix が鳴ってて、この場所は完全に自分の「自己満足の世界」だ。

 

自己満足。

 

自分が自分の好きなものを集めた場所。

 

ここには寝る前に子供達が「ぱぱねよー」と言って来るくらいであまり嫁さんも入ってこない。(よって、掃除がおろそかになる。)

 

遠くから眺めてみた

九州の実家に滞在していた年末年始で、遠くから京都での生活を俯瞰してた。

改めて、この部屋に帰ってくると、この場所は「創作する場所」なんだな。と思った。

 

ぼちぼちと、熱心に?定期的に読みにくる人が180人くらいいるこのブログ。

webの世界では本当に小さな場所。

でも、普通に生活してたら180人もの人といくばくかの繋がりを持つことなんてあまりない。

文章や映像などを組み合わせて作るブログ。このコンテンツを日々走って生産する。

そして、気が向いたら音楽を作る。

ここで、自己満足しながら着実にコンテンツを作り続けよう。

 

世界が縮んだのか、自分が大きくなったのか

30代の前半(約10年前)に我が家にもインターネットがやって来た。

そして、音楽を一人で作れるようになり、my spaceという当時流行してた、音楽をアップできる(5曲くらい)サイトに登録してブログを書いて、遠くの街にライブをやりに行くようになった。

 

当時住んでたのは大分。

そこから、鹿児島や大阪、東京などにライブに行くのはものすごく遠くに行くような感じだった。

 

しかし、今と当時を比べると飛行機に乗ってアジアのどこかに行くのも当時の「大分→大阪」くらいの感じがする。

インターネットやSNSは確実に世界を縮めたんだと思う。

 

好きなことをやって、ダセー奴らに笑われているか

好きなことをみんなやって、動いていけばいい。

これだけ、移動が安価になり、誰かと繋がれる世の中だ。

 

お金?時間?そんなの待ってたらじじいやばばあになる。

 

ちゃんと誰かに笑われてますか?と時々、自分に問いかける。

 

「きもちわりい!」と言われるくらいになんかやってるか??と。

 

何もやれないダセー奴らにちゃんと笑われていますか??。

 

あなたはどうでしょう??

この時代にやれなかったら、100年後もきっと何もやれないよ。

 

それは年齢のせいでも、経済力のせいでも、親や環境のせいでもない。

自分のせい。

さてさて、今日も行きましょう!!!生きましょう❤️

縮み続けるこの世界で羽根を広げて。