今、ちょうど仕事で大きな案件が大事な局面を迎えてて、お客さんもこちら側もそれになりに緊張状態。

 

大きな金額が動く時には、いろんな人の感情や利害関係、都合が絡み合う。

辛いこともある。実力不足を感じることもある。

 

誰かが、期限を守らないと、その分を割りを食う人が出てくる。

誰かが、苛立ち、わめく。

言い訳する人、罵る人。

 

 

でも、きっとそれでいいのだ。

 

 

そういう時にはきっと「全部自分の責任」と肩の力を抜いて、立てるものが結局最後に勝っていく。

人のせいにする人は弱い気がする。

よく見てみると案外、この世のいろんなことを「自分の責任」と思っている人は少ない。

 

誰かのせいにする人ばかり。

 

「人のせいにしない。自分の責任。」と気負うことなく、立つ。このメンタリティーを持って気分良く生きていきたい。

 

ブログ書きたい欲

話は変わる。

 

少し、ブログを書く期間をあけて、久々に書いてみると、その日はまた、もっと書きたくなる。

今は夜で、2本目のブログ。

 

 

夜中の映画

また、話チェンジ。

 

さっき、カズオイシグロの「私を離さないで」の映画版を観た。

終盤にきてるけど、どうしても「英国的曇り空調」のどすぐろい感じに耐えられなくて。。。

アマゾンビデオのレンタル期限が切れてしまうかもしれない。

 

そんな夜中の暗い気持ちを吹き飛ばすべく、小沢健二の「刹那」から「さよならなんて云えないよ」をかけてみる。

MacBookが夜中に歌うよ。

 

自由について

今日のブログでも書いたけど、十代の頃に京都に住んでた頃に夜中のコンビニでかかってた小沢健二と、自由な夜の空気。

そいつが、いろんな方法で、表現したいことの一つかもしれない。

 

寒い夜の空の下、自由で、どこまでも行けそうで、輝く何かが遠くで待ってる気がしてたあの空気感。

 

夕方ラン

 

夕方に7kmほど走った。

ぼくが信じる「自由」の根幹を、走ることは、シンプルに担う。

 

 

まあ、いろんなこと考えても結局は「バグっていこう」この一言で全ては解決する。

 

mxksdjcイアフvんlsjkfv。

 

説明ができないものを。めちゃくちゃなものを。