NewImage

今朝は6時起きで、ぼちぼちと走った。

1km弱。

ちょうど、ご近所さんを一周するとこの距離になるルートがあるので、そこをストレッチなんかしながら走る。

少しでも、走ると確実に心拍は上がって、呼吸も激しくなる。

体の硬くなってるところを伸ばしたりすると、「これをやるとやらないとじゃ全然違うな!」と体が言ってるのがわかる。

 

汗を流すこと

野村監督の名言を集めたbotが好きで、フォローしてる。

今朝のこの言葉が刺さった。

 

 

もちろん、ただサウナに行って、汗を流せってわけじゃなくて、単純に朝走って汗を流せっていうことでもない。

どこかで手を抜いたものは後から、自分に降ってくるのだ、気をつけろ」ということだ。これは実感を持ってわかる。

 

きっと笑う

 

自分はきっと歳をとって笑うだろうなあ、いい感じに歳を取れるだろうなあという実感がある。ありがたいことに。

気がつけば、41歳。

 

だけど、心も体も元気だ。

下手したら、20歳の頃よりも。

 

若いうちは苦労せよ。とは言えない。

苦労すればいいってもんでもない。

 

しかし、20年前のいわゆる青春時代に、周りが楽しんでるものを楽しめなくって、まあいろいろあった。

だけどそのおかげで、色々考えた。人はなぜ笑うかとか。。。数日考えるとか。。。まあ、あほやな。

でも、その時に出したいくつかの結論や、指針が今でも自分を支えてくれている。

 

あの時流した「汗」がよかったのだ。

 

自ら動き出せないおっさんにはならない

おそらく特に何もせずに(行動せずに、勉強もせずに)おっさんになったであろう同世代の人間を時折見る。

そうすると、自分が苦しんだ、あのわけわからん時代も悪くはなかったなと今思える。

 

前述の通り、きっと歳をとって笑うだろうなあ、いい感じに歳を取れるだろうなあという実感がある。

自分のことが好きで、いつもどこかで自分の判断や、行動がなかなかいいなあ、と思っている。それは昔流した汗のおかげかもな。

 

今、何故そんな風に思えるか、改めて考えてみたい。

 

行動し続けてきた

ぼくは、中高一貫のいわゆる有名進学校を出た。

そこにいる間は、その学校の生徒であるというと、皆が皆「すごいねえ」と言ってくれた。

でも、思考停止してたのだ。

自分は頭がいい。と。

 

ところが、その学校を出た後に、まるで刑務所から出たばかりの囚人のように、ぼくは世間で何もできなかった。

毎日、チャイムに従っていればいい、寮生活に慣れきって、自分で判断して、行動することができなかった。

 

そのことに気がついたので、なるべく自分で「感じて、考えて、動く」ことを心がけてきた。

 

 

そして、もう肩書きや、ブランドにすがって生きるのはやめようと思った。

 

10代の終わりという比較的早い段階で、行動指針が建てられたのがよかった。

社会に出ると

社会に出ると、ぼくは、よく馬鹿にされた。

でも、それもよかった。

いらないプライドがいい感じに潰されて行った。

 

だけど、どこかで、いつも「おれっていいなあ。天才だなあ。」と思っていた。

春の桜並木のようにおめでたい。風がいつもうららかに吹いていた。

希望がいつもあった。

希望を自分で吹かせる方法を身につけていた。

 

同時にいつも自分を責めていた

自分のことを肯定しながらも、いつも同じ量だけ、ずっと過去の失敗や、後悔、ダメなところをずっと責めていた。

苦しかったし、いつの間にかうまくいかない現実を人のせいにしていた。

それが2年前に京都に来るまで続いた。

 

自分を責めて、うまくいかない現実を人のせいにする。

 

そんな悪魔のループを「愛と平和、富と成功、利他の心、全てに感謝」と唱えることで、ただ、独り言をすり替えるだけで止めることができた。

心の独り言をすり替えたのだ。気分良く生きる。

これができると、今あることの素晴らしい部分に目がいくようになり、何があっても柔らかく、楽しく生きていける。

 

これは発明かもしれない。

自責の念や、ネガティブな思考のループをポジティブな言葉を唱えることで止めることができたのだ。

 

味わって、噛み砕いて、ものにする

自分の中の苦しみや、外側で起こる苦しみ。

それをきちんと自分の中で、噛み砕いて、味わって、考えて、行動して、汗を流していけば、それほどおかしなことにならない、ということだ。

どこかで、その後ずっと使えるような、自分だけのルーツや、武器が見つかる。

 

いいことも、やなこともあるけど、本当は全部良くも悪くもないのだ。

そこに事実があるだけだ。

これからも、日々考え、感じ、学び、動いていこう。

 

そして、めちゃくちゃやるのだ。めちゃくちゃ。

こいおうおうぇふぁいjんcおkjsぢあお。

バグっていこう。