夜に1.7kmラン。

昼間は、外に編集用の機材を持ち出して、進行中のプロジェクトの音源のエディット。

 

作業しながら外を見ると、祇園四条あたりは、紅葉も真っ盛りとあってすごい人。

わっしょいわっしょい。

 

 

帰ってきて、自分の部屋に戻ってみると、機材のない自分の部屋はなんだかスッキリしていい感じだった。

ものが溢れてるのって、よくないな。

 

そうそう、息子はサンタクロースに頼むものもないなあ。自分はすでに幸せだから。とのことで驚く。

自分が幸せだということに気がつけるのって、なかなかえらいぞ。とほめる。

まじでそれはいいこと。

 

 

基本的に今の生活はいろんなものをすでに持ってるなあ。持ちすぎてるくらい。と思った。

 

 

一緒にさっき、寝ながら子供に聞かれた。

「パパはサンタクロースに欲しいもの頼むとしたら何??」

 

「そうやなあ、お前たちと暮らせて、走って、ブログ書けたらそれでいいよ。」と答えた。

 

でも本当はそれでも多すぎるくらい。

お前たちと暮らせていけたらそれでいい。

それだけで、充分すぎるくらいなんだ。あとはおまけ。

そう思った。

 

今年もあと少し。

来年はいろいろ削ぎ落とす年にしよう。