最近、音楽制作ソフトでよく遊んでいる。

ぼくは、長年Ableton Liveというドイツ製のソフトを使ってるんだけど、こいつがすごい。

再生しながら、編集や、音の入れ替えができて、読んで字のごとく「Live」感が満載。

*見えづらいけど、下は画面の一部。

スクリーンショット 2017 10 30 21 53 16

 

こいつは本当に優れもの。

録音から、編集、DJにも使えるし、これ一本でアルバムが作れるレベル。

Apple LOGIC

もう一つはApple社のLogicというソフト。

 

スクリーンショット 2017 10 30 22 08 40

これまた読んで字のごとくで「理論」という感じで、どちらかと言えばどっしりと腰を据えて作るタイプのソフト。

ライブラリーが豊富で、ソフトシンセも「使える」ものがたくさん。

 

 

かるーく気軽に作ろうとか、青写真的なものを作ろうとしたらAbleton Liveがいい。

LOGICはいろいろあるライブラリーやシンセを立ち上げて、聞いてみたり、弾いてみると「遊んでる感じ」になってきて楽しい。

 

録音を頼まれたらLiveで録って、Logicで必要な音を足す感じ。

 

最近、日々このソフトたちで楽しく遊べている。この状態はいい状態なんだよなー。

毎日、とにかく触ろう。