NewImage

いい感じで、日々ブログを書いていけています。

 

感謝!最近はこの流れで音楽も一定のリズムで作れています。

 

これは自分の力ではなくて、環境の力。

 

NewImage

 

 

今、なんだかうまくいかないなー。という人も自分を責めるのではなくて環境のせいにしてみるべき

 

 

まずは、どういう環境でやれば自分の仕事、やりたいことがしっかりアウトプットできるのかを考える。

 

 

自分が「うまくいってた時」に「遡って検索」してみる


もしくはうまくいってる人の環境をパクってみる。

NewImage

例えば、早起きしてたなとか。

一人でやるより、喫茶店とかでやったほうがよかったなとか。

尊敬してるあの人はスタバで、まずは仕事を始めるらしいとか。

走ってた時は気分良く仕事できてたなとか。みんなそれぞれの成功体験があるはずです。

 

NewImage

 

うまくいってない自分を責めてはいけません。

何よりも「リラックスして、気分良くいる」。この状態をいかに作るか

ここにフォーカスすべきです。

 

適度に自己満足してて、適度に現状を変化させようとしている感じ(遊びながら)。それをいかに作り出せるか。

 

 

NewImage

 

適度に自己満足してて、適度に現状を変化させようとしている感じ(遊びながら)。を言い換えてみます。

自分って最高だなという自己満足をゆるーく得られる。遊びながら気楽にいろいろと変化しようとしてるよーん。」こんな感じです。

 

小さなルーティーン(習慣)を積み上げる

 

 

 

イチローは毎日カレーライスを食べます。

イチローのルーティーン。そんな自分がきっと好きなんでしょう。

そして、毎日同じものを食べてたら小さな違和感に気がつきやすくなるというメリットもあります。

 

これは、ぼくらのような凡人にも当てはまることで、無理なくできることを習慣化していくとやがて大きなことに到達します。

千里の道も一歩から。

 

できるルーティーンを一つ一つ一定のリズムで積み上げていく。ビートを刻むように。

 

まずは早起き。

それに慣れたら、ストレッチ。

それに慣れたら、走る。

それに慣れたら、昼間にダイエットを兼ねて一品コンビニでの買い物を減らしてみる。

それに慣れたら、余ったお金で本を買ってみる。

それに慣れたら、その本の感想を文章にして書いてみる。

 

 

 

一つ一つ。

これをやっている自分って好きだなと自己満足できるものを探して積み上げていく

そうすれば誰かがあなたの変化に気がつきます。

この世界に小さいながらもインパクトを与えることができ始めます。

 

まずは自己満足から。そしてそれを積み上げて変化させることから。

 

自己満足というとネガティブな響きがあります。

それは最初のわな。

 

自らを深く掘っていくことで地球の裏側にさえ到達できるのです。

 

NewImage