NewImage

なんとなく、「自分だけの本」っていうのが人間の中にはみんなそれぞれあるんじゃないか?なんてことを今朝、電車に乗る前に思ったので書いてみます。

 

元気な時ってみなさんはどんなときでしょうか?

よく、だれそれに会うとげんきがでるわー。なんていう人がいます。

あれって、その場限り。

 

 

ぼくが嫌いなパーティーピーポーも30過ぎれば立派な事故物件。
 

見るに耐えない現実からお酒の力で目を逸らしてるだけ。

 

NewImage

 

本当に元気になってるわけじゃないはずです。

誰かからもらうエネルギー。

酒の力を借りたその場限りの元気。

気持ちわる!

他者やお酒に自分の元気や、気分を任せるなんて。

 

 

本当はだれでもみんな自分の中にエネルギー源みたいなものがある。

自然とそれが湧き出てれば元気なはず。
 

言い換えると自分の中の声とか、感情ってちゃんと意識してれば暖炉とか、温泉みたいなものになるんじゃないかと思います。

 

 

みんな小さなスマホの画面を必死で見つめています。
 

自分だけの情報を取っているような気になっている。

電車に乗って大勢でやってるの見るとほんと気持ち悪い。
 

スマホの画面ばかりじゃなくて首を左右に回してなるべく周りを見ろよ。まじで。
 

NewImage

自分だけの本

本当は自分の中に自分だけの本があって、それをちゃんと読むべき。感じるべき。
 

スマホを持って一生懸命自分以外、ここ以外の誰かとつながろうせずに、自分の本を心の中で開こう。

NewImage

あなたの自分だけの本には今どんなことが書いていますか??

それは本当に自分だけの本なの?

だれかの常識とか、よく思われたいとかじゃないの??

 

 

ぼくの本には今、「人生そんなにもう長くはないよ」っていうのと「ちゃーんと自分の感情を感じろ」とかいくつかのことが書かれています。

でもまだまだ、怖くってちゃんと見れない箇所や、外からの声にかき消されてる部分もあります。

 

スマホばっかり見て、自分の本に何が書いてるか読めないバカにはなりたくない。

そして、ちゃんとその本をクリアに読める目と、実行に移せる勇気と体が欲しいよ。日々磨いていこう。

 

 

あなたの自分だけの本には今どんなことが書いていますか??

それは本当に自分だけの本なの?

 

NewImage