6月を超えると、京都の代表的なお祭り祇園祭が始まる。1ヶ月間ずっと続くこのお祭りの期間にはたくさんの人が訪れます。

 

1200年も続くこのお祭りはが始まったのは、西暦863年。

もともとは疫病の流行が続いた時期の無病息災に由来するのです。(以下、wikipediaよりの転載です。)

 

疫病の流行により朝廷は863年貞観5年)、神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行った。御霊会は疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめるために行う祭で[3]、疫病も恨みを現世に残したまま亡くなった人々の怨霊の祟りであると考えられていた[4]。しかし、その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念した。

 

1200年続くお祭りは、まったりと7月1日から1ヶ月続いていき、7月の京都は街のどこかしこに「ハレ」の空気が漂います。

 

 

#gionmatsurifestival#july#kyoto#japan 🇯🇵#祇園祭#京都の風物詩#もうすぐ#お囃子の音が聞こえる#おいでやす One of the three Japanese festival. Month of July. Kyoto city center, is carried by Yasaka. Street Night Market is chock variety, stalls, bustling stalls. The main event Pull your arms around the mountains and transmitted to each town floats. bronc ride in the main of them, the tourists rush to see this spear. Origin Today, the plague epidemic in 869 years. The prayer begins, as so evil removed. History Have ceased once revived by tradition of the festival had the power to fire to the Edo period are still preserved. Other Also sold in various places in Kyoto charm, is different depending on where prayer answered.

RIOさん(@jedi_26_70)がシェアした投稿 -2017 6月 28 3:57午前 PDT

 

. (@film_film_time)がシェアした投稿 -2017 6月 28 3:32午前 PDT

 

 


 

7月の京都旅行

その7月のお祭り期間中に京都を訪れるっていう方のツイートを見てこちらまで嬉しくなってきた。

 

 

今、もし自分が京都に旅行でくるとしたらどんな準備をして、妄想をして京都を訪れるかな?と考えてみた。

最近読んだ、ベスト京都本。

それらをじっくり読んで、それを片手に京都タワーの前に降り立つと最高かもなと思う。

 

ポパイの7月号「お邪魔します、京都」

ポパイの7月号「お邪魔します、京都」は今までたくさんの京都本を買い漁っていたけどベストかもしれない。

 

 

くるりの岸田繁さんが地元京都のおすすめスポット30か所を紹介するコーナー。

そして、老舗の居酒屋のはしごコーナーや、世界一のバーテンダーがいる「バー・ロッキンチェア」などスタンダードからカルト的な場所までが詰め込まれてる。

これでもかというくらいに。

京都の宝石箱さ加減がフルスイングで盛り込まれているのだ。

これが胸にぎゅっと食い込まない京都好きは世界中どこを探してもいないと断言!

この本読んで明日にでも京都に来たくならなかったらあなたは一生京都に来なくていいです。それくらいいい本。

 

&Premium 京都街歩きガイド

 

& Premium特別編集 テーマでめぐる、京都、街歩きガイド。 (マガジンハウスムック &Premium)もいい本。

 

この本の特徴はテーマに沿って京都の紹介がされていること。

例えば「朝ごはん」とか「夜のお茶時間」とか「本」、「パン」など場所や、行動、体験に合わせたかたちで京都のスポットを紹介しています。

コンパクトで手触りのいい本。

この本を持って鴨川沿いでのんびりして、夕方に一杯やって、そのあとカフェでのんびりするのなんていいなあ。

妄想が膨らみます。

 

京都の中華

京都って和食のイメージが強いですが、実はラーメンはこってりの鶏ガラスープのお店があったり、フレンチやステーキの美味しいお店があったりと国際色豊か。

その中でも「京都の中華」に絞ったこの本は読んでるだけで、京都の街と美味しい中華の匂いがミックスされて右脳と左脳をかく乱します。