NewImage

こんなツイートを読んだ。

 

 

移住後、ぼくも長いハシゴを登ってる感覚がある。

移住できることが決まって、京都に降り立って、京都タワーを見た時はほんと希望しかなかった。

「やったーーー!!!」という感じだった。

でも、さっそく「え!」といような思いがけない出来事が起こった。

「京都にまた住みたい。京都御所や、鴨川、山を走ったり、京都のライブハウスに行ったり、やりたいことがたくさんだ。」状態だった。

 

でも、日常は普通に続いていくのだ。

これは変わらない。

もし、移住前の自分にアドバイスできるなら「普通の日々は続いていくので何を普段やって、どうやってお金を稼いでいくかという『日常』をもっと考えろ」と言いたい。

移住後の職場は決まってた。

だけど、好きな場所に住めるようになったら次は生活のための仕事じゃなくて「生まれてきた理由に直結するような、心からの仕事」をしたいと思うようになった。それが今だ。

 

で、さっきのツイートを昨日見て、ハシゴを登ってきたなと感じたのだ。

ブログを書きながら。

 

ハシゴを登ってると、不安になって、降りたくなったり、疲れて止まりたくなる時もある。

 

でも、応援してくれる人がいたり、仲間に会ったりすることがある。

 

移住後の不安

ある移住者仲間の方から移住後の不安を訴えるメッセージがきた。

一晩考えて、こんな感じで返してみた。

 

ルーティンを作る

毎日の習慣を作ることで人は強くなる気がする。

なんでもいい。

ぼくの場合は毎朝、比叡山を見て「こうなりたい。こうしたい」というのをつぶやくのが習慣。

これをやってりゃ大丈夫!」みたいな個人的な迷信は大事だ。

誰かの正論より自分の迷信なのだ

IMG 3103

 

 

発信する

自分が困っていることは誰かも困っていることなのだ。

そして、「移住」というレアな体験を発信することは情報価値としても高い。

自分の好きなことと織り交ぜて、発信してるときっとそれに共鳴してくれる人が現れる。

 

 

移住後の支援

そのメッセージをくれた方は移住支援をさせてもらった方。

不安なことってまあ生きてりゃあるけど、せっかく楽しむためにやってきたんだからお互い楽しんで生きましょう。

きっと上手くいくさ!!!

今度また走って飲もう。そんな感じです。

ではでは、今日も良い1日を!