NewImage

今日は昼寝をしてそれから山に入っていった。

久々のトレイルラン。

怖いんですよね。やっぱり、山って。

こっから人里じゃなくて山ですよ。っていうエリアを超えていく時は怖い。

京都でも鹿や、イノシシ、熊が出る。

数ヶ月前にはイノシシも見ました。山で。

 

この「恐怖感」が「気を引き締めていけ」なのか「ここから入ってはダメ」という本能的なアラートなのかを見極めるのって大事。難しいけど。

 

恐怖感を無視しない」というのが何事においても気をつけてることなんですが、乗り越えるのか、引くのかというのは勘所。

京都はトレイルランの環境が素晴らしい

あまり知られてないから繰り返し言うけど、京都ってトレイルランの環境が素晴らしいんですよ。

NewImage 

周りを山に囲まれているのでなんとなく分かると思うけど、自然がしっかり残ってて、特に嵐山から北へ入っていったエリアの川の綺麗さは尋常じゃないです。

そのまま「ドボン」と浸かって乾かしながら走るっていうランイベントがあるほど。musubi cafeさんが毎年主催されています。

 

下の写真は実際の川の写真です。

NewImage

 

今日は往復2km弱の山登り

今日は結局久々の山で、体も重くって、正直「怖かった」のですぐに引き返しました。

山の静けさが「すーーっと」心地よい時は調子がいい時。今日はまあまあでした。

でも短時間でもしっかり汗がかけて心拍が上がる。

やっぱり山はいいなあ。

様子を見ながら少しづつ山に慣れていきます。

 

 

まとめ

ご近所の高齢の方々の中にも山に日常的に登っている方がいます。

「いいなあ」と思います。

神社仏閣やアートだけじゃなくて、京都には生活圏内に自然が残っていて生活の一部にすることができますよ。

トレイルランナーにも京都移住はおすすめ!