40歳です。

Glad to be おっさん。

最近ちょっと頭のてっぺんがさびしん坊の兆候があります。

で、「ハゲたら速攻丸坊主計画」を楽しみにしてて、ある意味「ハゲ待ち」状態でじゃかんワクワク。

 

学生の頃は「あんな大人になりたくねー」と言ってたやつらはだいたいこの歳になるとハゲでデブのおっさんになってます。

でもね、21世紀になって楽しいことも沢山あるぞ。とハゲ待ちの我が身から10代の頃の自分にメッセージを勝手にここから送りたい!時空を超えて。ブラジルの皆さん元気ですか〜!的な。ぶっは。

 

運がいいぞお前は

ある時期を境にぼくは「おれって運がいいし、絶対最終的にはうまくいくな!」と気がつきました。

え、おかしいの頭??

いいんですよ。これで。

運がいいと思えるのも実力のうちでそれが本当に幸運を呼びます。

運がいいと本気で思えると超絶行動が早くなって、少々ピンチでも「絶対大丈夫だわ!」とへこたれずに知恵を絞りタイミングよくアクションしていけるので結果的に本当にうまくいきます。

「わたしって運がよくないわ。」って思ってる人はまずは一人でお風呂に入っている時に「ついてる」と10回繰り返そう。

これって斎藤一人さんの有名な「ついてると言ってるやつがついてる」投法です。本当に運がよくなります。

正確に言うと「運がいいという状態に気がつくことができます。」

感度の問題。

 

 

走ってさらに健康と運気が上がるお金もやってくる

走るのって本当にきもちいいわ。

お酒もご飯も美味しくなるし、毎日いい気分だし。

いい気分がいい現実を呼びます。

やっぱり毎日面白くない顔して面白くないことやってる人には近づきたくないじゃないですか。。。

あなた大丈夫??

 

ぼくの10代は暗かったなー。でも大丈夫。

あの頃のぐちゃぐちゃ悩んでたおかげで、みんながやってた就活もしなかったし(そんなの知らなかった)、常識は身につかなかったし(常識は凡人の鎖。嗜む程度に今は保有。)好きなことはしっかりとわかった。

 

お金を好きなことに使えるようになって、元気で、家族もいるし、毎日の通勤もいろんな人の顔を見ながら移動できるって悪くない。

おまけに今はスケジュールもクラウド管理(20世紀の頃はなかったよな)で好きなことを自由にやれる。

10代の頃の小さい場所を行ったり来たりの世界とは段違い。

鍵は、好きなことをして毎日元気でいることやな!

 

パンチョ伊藤みたいな若き日の立花隆のこの本を高校の頃読んで(30代を過ぎてから今いるポジションを捨てて新たなことにチャレンジする人々を特集する本)「攻めて行こう」と思った。

 

あれはある意味本当になったな。

 

攻めて行こうと今でも思う。

 

変化していきたい。好きなことだけやっていきたい。

 

GLAD TO BE おっさん!!!!

豚の安心を買うより狼の不安を背負う。世界の首根っこ押さえギターでぶん殴ってやろ。

THE BLUE HEARTS 「俺は俺の死を死にたい」より。

 

おやすみ宇宙。