今日は家族で昼ご飯を食べて昼寝。

それから子供達がゲームしてるのを見てから一人でプールへ。

だいぶん膝は良くなってるけど走った翌日は痛い。

ストレッチを兼ねて水中歩行をしたり泳いだり。

 

そのあとに近くの本屋さんへ。

京都はほんとに本屋さんが多い街。多様性があってクオリティーも高い。

さすが日本一の学生の居住率を誇る街。

 

そこには新刊もたくさんあって、久々に「レコーディング」の本なんかも見つつテンションが上がる。

欲しい本がたくさん。

こういうときってなんか「食欲」に近い場所を刺激されてかなりキャパオーバーになる。

そして今日感じたのは「自分は今、時間という資産を本屋に投入している。そしてブログにアウトプットするのだ」という生々しくて熱い感触。

 

これを読んでいるあなたは何に今日時間を投資しただろうか?

そしてその投資に目的はあっただろうか?それとも時間を消費しただけだろうか?

 

「投資と回収」という言葉があるけど、もちろんすべての時間を何かの投資や回収に充てなくてもいい。

 

でも時間は人間にとってなにより資産価値の高いものだ

その資産を使って家族との時間も持てるし、好きなこともできる。ただ消費するだけではもったいない。

もし今日という日々がダラダラと時間の消費に充てられてたり、好きでもない人とのマンネリの時間に充てられていたらそれはまずい兆候だ。

 

生活というのものは、お金というもう一つの資産と時間を組み合わせることによって「経験」が生み出され豊かさという色合いを増す

 

そして「経験したことをブログにアウトプットして誰かと共有してそこで収益を生み出そう。」という視点が加われば生活はすべてが資産なのだということが実感をもって体験できる。「ブログ」という場を持つだけで。

 

例えばあなたが友達と好きな場所に行って楽しい時間を過ごしたとする。

そこに行くのに役立ったガイドブックがとても良くできててその体験をもとにブログを書いて誰かがブログを通して買えばその分利益になる。

 

あなたは時間という自分の大事な資産を友達との旅行に投資した。ここまでは消費だ。

でもそれをブログに書くという行為でそれは生産になる。

その生産物を読者が受け取ってなんらかの行為(この場合はそのガイドブックを買うという行為)をしたことによってあなたは利益という名の報酬を得る。もしくはそれを読んで共感してもらったという喜びを得る。

 

まとめると

自分の時間を好きなことに投資する。そしてその投資をアウトプットすることによって生産に変える。それを受け取った人が共感して行動することであなたは利益を得る!

 

関連記事:1年で1000本ブログを書いた僕が教える毎日ブログを更新する3つのコツ