76F8DAC2 E7D6 4D50 84E2 CC736F878949 1 2048x1536 oriented

ちょっと自分の人生をグラフ化。

X軸が年齢。

Y軸が勢いとか、心の具合ですね。

 

これをやってみて思ったのは人が死に近づく時期のことです。

日本は年間自殺者数が3万人とか言われていますが個人的に一番死に近かったのは社会人になる前あたり。

21−22歳くらいの頃。

大学を中退したぼくは自分自身の物語がこれ以上は続かない終わりを感じずにはいられませんでした。

 

18歳の頃になんとか持ち直したぞ。と思っていたものが3年くらいかけて終息。

いろんな物事が終わろうとしていた時期でした。

1999年のこと。

本当にノストラダムスの予言は当たるのではないかと思うくらい終末感がありました。

 

10代の思春期に抽象的なことで悩み、あるものは死にます。

社会に出る前に死ぬものもいます。

そして30代後半にまたがくんと落ちています。中高年の自殺っていうやつが起こるのもこのへんなのかな。

 

なんでこんなグラフを書いたかというと最近、かなりこのブログをどんな人に読んで欲しいのか??

ブログの目標。あるべき姿ってなんなのか考えているからです。

 

 76F8DAC2 E7D6 4D50 84E2 CC736F878949 1 2048x1536 oriented

上のグラフで見ていただくと3回ぼくは持ち直しています。

曲線が上昇していくポイントです。

最初の上昇は18歳の頃。京都にきた頃。京都のおかげです。京都で当時あった人たちのおかげ。マジで感謝。

当時はまさしく、狂気の寸前でした。

字が読めなくなってたのはおどろいたな。。。

医者の友達に聞いたらそれは即入院レベルらしい。。。

 

で、そこから22歳あたりでまた一回持ち直したのが落っこちたけど当時やってた空手で蹴り倒されて起き上がったときに何かが弾けました。あの瞬間は忘れない。

そして音楽。THE HIGH LOWSの「バームクーヘン」の一曲目を聞いたときに一気に成層圏を突き破るような何かが弾けました。

 

で、社会人になってそれなりにやりたいことをやって、家庭も持ったけど会社で転勤やなんやらがあって、うまくいかないことが降り積もります。

しかし、京都に山を走るレースにやってきて移住を決意。

またエネルギーが上昇しています。(現在)

 

ここまで書いてて一般論に置き換えてみます。

 

  1. おそらく10代の思春期に心の問題や人間関係で落ちていく人は落ちていき場合によっては死にます。
  2. 次に社会人になる前に今まで生きてきた自分自身の物語を現実にすり合わせることができなくて死ぬ人もいます。
  3. 社会に適応したけど自分の意図する生活ができずに場合によっては過重な労働によってすり減って死にます。

 

で、このブログをどんな人に読んでもらいたいかというとグラフのなかで今、落ち込み期間にいる人に読んでもらいたいです。

「生きろ」と。

具体的には自分の好きなことや、心がピンとくるものや、好きな場所が再度上昇していくキーです。

そんなことを伝えられたらいいなと思います。

ということを今日は社会派ブロガーちきりんさんの本を読みながら考えました。

 

kindle の読み放題で読めます。

おやすみ宇宙。