おはようございます。

京都移住日記のオクダ(@kyotoijuunikki)です。

 

昨日の良かったこと。

  • 大きな仕事が少しづつだけど進んでいる。小さなピースを少しづつ組み合わせて大きなものを作るイメージ。
  • 職場の人たちと馬鹿話で盛り上がる。こういうのとても大事だ。
  • システム導入メンバーたちの働きを評価いただき、追加の作業発注をいただくことに。
  • 四条河原町そばの大型書店ジュンク堂がいついっても素晴らしい。4F建てのでっかい本屋。発見がある。
  • 京阪電車に乗った。京阪電車が好きだ。柔らかいシート。特急は2階があったりして(ダブルデッカー)ほんわかした夢がある。祇園四条で夕方、夜に下車して四条大橋に出ると外人さんや観光客がわんさか。川のせせらぎが下にうっすら見えて、月が見えたらそこはもうパラダイス。喧騒の中を歩くと右手に先斗町。あの細い路地からは昔の侍さんとか出てきそうだ。幕末の志士たち。

 

前日の良かったことを振り返る習慣

突然ですが、こんな感じで前日の良かったことを振り返るとポジティブな思考になれていいです。

良かったことをコツコツと貯蓄していく感じ。

 

このブログを読んでて影響を受けました。

ブログだけで月収100万円を超えるプロブロガー八木さんのやぎろぐ。

 

 

総論から各論へ

最近「総論から各論へ」というフレーズがなぜか頭の中を巡っています。

総論のようなボワっとしてみんなに受けるものより、各論として個別化されたものを作ったり発信したほうがいいよということだと受け取ります。

前述のような「前日のよかったことを書きとめる」という限定された情報を発信すると「ポジティブ思考になる方法!」という総論的なことを発信するより価値が有る。

 

これをさらに推し進めると。

「前日にあった良かったことを文字の色を変えて明るい文字(オレンジとか)で書きとめるとさらに良い」とかになるでしょう。(これは一例。検証してないよ!)

 

各論をさらに各論に落とす工夫を

 

NewImage

例えばメイドカフェ。

普通のカフェを「メイドカフェ」という各論に落とし込んで人々の需要に応えます。

 

スクリーンショット 2016 10 29 7 28 11 

例えば「検索」。

ご存知の通り、地図や画像、動画、ニュース。と各論への入り口を作るようにサービスの特化が工夫されています。

 

自分の日常や、仕事を総論から各論へ落とし込む工夫をしていく。

これは一つの切り口。

 

ではでは、今日もよい1日を!

 

 

 いつも読んでいただいてありがとうございます🎵

ポチッとシェア、フォローしていただくと歓喜します!

 

        

京都移住

                              

京都移住について質問ご相談お受けします。

 

 

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加