今は夜。

大分。

秋の虫の声のようなものと、カエルの合唱がサラウンドで展開中。

ほぼ暗闇。

窓は開け放たれていて、一階には家族。二階には今自分一人だ。

今日は真昼間に33度くらいのなか別府湾沿いを20kmほどラン。

死にそうだった。

熱中症にならないようにひたすら水を飲み、かぶる。

こりゃだめだと思ったらすっきり諦めて歩く。

とりあえず倒れないことと、熱中症にならないことを最優先に海を見ながらラン。

気がついたんだけど、京都はフラットなので山を越える的な長い坂道がほとんどない。

大分の坂道を走ってて、うわーここってこんなに坂道きつかったけ??

とびびる。

京都ランナーは坂道弱いかも。気をつけよう。

 

暗闇ライティング

今はぼちぼちとMacをひらいて暗闇の中文章をこうやって書いている。

自由だな。

暑いけど扇風機は気持ちいいし、特段悩みもない。

窓の外に車のライトが明滅している。

今、部屋の明かりをつけてみた。

 

お盆に読んでるちきりんさんの本でこの言葉が気になっている。

 

 

スクリーンショット 2016 08 16 0 01 04

 

そもそも、人はこんな生活したいっていうのをなかなか言語化できていないことが多い。

年収いくらの会社に勤めて!とか、こんな資格取って!とかは案外しっかり目標を持っていてもこんな生活をしたいということに関してはなんとなく抑圧が働いている。

 

ぼくはそもそも決まった仕事が好きではない。

毎日、これやっとけみたいな仕事は無理だ。

だから営業職というある意味外に出たら自由にできる仕事が続いているんだろう。

まあ、半分ごまかしだからね。営業なんてさ。

 

じゃあ、どんな生活がしたいか?

京都に拠点を作ったので京都を中心に生活していこう。

で、そろそろ通勤はやめよう。あれは無駄な時間だ。

通勤列車に乗って毎日同じところに行かなくてはいけないのは、自らの力不足であり、思考停止の賜物だ。恥ずべきことだと時代がいつか証明するだろう。

多くの人が大人になったら会社に行って仕事したり、何らかの労働との対価に生活のためのお金をもらうというシステムに乗ってるけどそこから抜けよう。

 

 

こうやってぼちぼちと文章を書くことでどこにいてもお金を稼げるし、お金を稼げる方法をクリエイティブにぶっとんだ発想で生み出すことはいくらでもできる。

しかし、毎日同じところに大勢の人にまみれて行ったり来たりする生活からは生み出しにくい。

 

何がしたいんだろうと自らに問うてみる。

文章をこうやってずっと毎日書いていたい。自由にまるで目の前の暗闇を通り越して銀河に流れ出すように。

最近またありがたいことにバンドをやっているけど、演奏を誰かとして炸裂することの快感の絶対値に驚いている。ずっとバンドをやりたい。

一人で人前に出て歌うこともずっと続けたい。

 

今日は真夏のクソ暑ななかを死に物狂いで走ったけど、死に物狂いって自分の意思でやる場合は最高の快感だ。

 

家族とのんびり過ごすことも楽しい。

 

最近はあまり「うまいものが食べたいな」というのは考えてみるとあまりないな。

こういう欲は少し減ってきてるのかもしれない。

 

性欲はどうだろう。

もちろん元気なので、なくなってはいないけどリスクを冒してまでそういうことを楽しみたいというのはもうない。まあこっちはボチボチでいい。

 

で、もうひとつ。

逃げれる道を作っておくことの大事さを感じる。

もし戦争になったらとか。そういうことだ。

子供をしっかり逃して生き延びさせるとか、そういうルートが案外これからいるんじゃないだろうか。

原発のメルトダウンのときもそう思った。

今、ふと考えたら何人か海外に住んでいる人の顔が浮かんだ。

 

まあ、いずれにしろいざとなったら地球上どこでも生きていけるようになりたい。

 

だから、いい大学に入るのではなくていかに地球上どこにいても生きていけるような能力を身につけるかを若い人々は考えるべきだ。

しかし、目線の高い意識高い系グループに入っておこう。これは、残酷だが学歴に比例する。学歴高くてもバカはバカだけど学歴高いやつの中には確実に凄い奴がいる。その割合は一般的な平均値より高い。

そのあたりの見極めが必要。勉強できるから凄いんじゃなくて、もともと凄いもの持ってるから勉強くらいできるよってのが正しい。

 

「こういう生活がしたい!」という明確なイメージを持つこと

話はかなり逸れたけど、整理してみる。

地球上どこでも生活ができる「稼ぐ力」を身につけてぼくは家族と京都に住んでいたい。

走って、音楽やって、文章を日々書こうと思う。

そしてこの日本が危なくなったら安全な場所に家族と逃げれる人脈と財産が欲しい。

自分一人じゃ殴り合いすらしたことがないだろう、とっちゃん坊やの王様のために戦うのはごめんだ。

一億総活躍?犬に喰われろ。

他人のことなんてどうでもいい。自らが気持ちいい、心躍ることをやり続けるのだ。

 

 

 いつも読んでいただいてありがとうございます🎵

ポチッとシェア、フォローしていただくと歓喜します!

 

                                      

京都移住について質問ご相談お受けします。