8月16日は大文字焼き。

 

去年はこの日は嵐山のmusubi cafeでトレイルランイベントに参加していた。

そしたらたまたま大文字焼きの日ということで、打ち上げが終わると渡月橋へ行って大勢の人の中大文字焼きを見た。

ミラクルな1日だった記憶がある。

 

参照:嵐山トレイル(大文字焼き)

 

以下は、その時の写真。

 

IMG_1545
精霊流し。幻想的だった。
FullSizeRender

改めて、五山の送り火について。

以下、wikipediaより転載。

 

京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事。葵祭祇園祭時代祭とともに京都四大行事の一つとされる[1][2]

毎年8月16日に

  • 「大文字」(京都市左京区浄土寺・大文字山(如意ヶ嶽)。20時00分点火)
  • 「松ヶ崎妙法」(京都市左京区松ヶ崎・西山及び東山。20時05分点火)
  • 「舟形万灯籠」(京都市北区西賀茂・船山。20時10分点火)
  • 「左大文字」(京都市北区大北山・左大文字山。20時15分点火)
  • 「鳥居形松明」(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山。20時20分点火)

以上の五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者のあの世へ送り届けるとされる。

点火時間は1962年までまちまちだったが、1963年から観光業界からの要請により、大文字が20時ちょうどの点火となり、反時計回りに20時10分から松ヶ崎妙法、20時15分から舟形万灯籠および左大文字、20時20分から鳥居形松明と固定化した。

2014年に51年ぶりに点火時間が変更され、松ヶ崎妙法および舟形万灯籠がそれぞれ5分点火時間が早まった。この変更により5山が5分おきに点火されていくことになる。[3][4]

なお、近年では「大文字」が最初に点火されているが、1956年頃までは「大文字」は最後に点火されていた、とする文献がある。これは大文字が五山の中でも横綱格であるから、という理由からであるという[5]

また、日本の太陽暦移行後は20時よりの点火となっているが、それ以前のいわゆる旧暦の時代は、1時間程度早かった、と言う説が2014年、在野の歴史研究者である青木博彦により打ち出された。これは本居宣長 1756年 『在京日記』などの資料を分析した結果であるという。詳しくは、如意ケ嶽#送り火を参照。[6]

五山の送り火を移住最初の夏に嵐山の渡月橋で観れたのは幸運だった。

精霊流しとともに見る送り火は日本の夏の最高潮の瞬間です。

五山の送り火を見に京都へ行く計画をしている方は渡月橋をオススメ!

人が多いけどそれを差し引いても最高。

 

 

 いつも読んでいただいてありがとうございます🎵

ポチッとシェア、フォローしていただくと歓喜します!

 

                                      

京都移住について質問ご相談お受けします。