おはようございます。

京都移住日記のオクダ(@kyotoijuunikki)です。

今日もよろしくお願いします。

 

今日は移住の憧れと現実っていうことで書いてみます。

 

移住できると超嬉しい

やっぱり嬉しいんですよ。

ずっと住みたかった場所に住めると。

ハイテンション。

その分嫁さんは辛かったみたいですね。。。

すみません。というしかない!

参照:嫁に京都移住生活をインタビューしたら悲惨な結果になった。ww

でもやはり色々考えますがプラスとマイナス色々差し引いても来てよかった。

 

日常は続く

最初の関門はハイテンションのあとに来る冷めた感じ。

日常はどこにいっても続きます。

些細なトラブルもやはりあります。

仕事も変わりましたし、新しい環境に馴染まなくてはいけない。

3ヶ月くらいで落ち着くけど、「なんだかな。。」っていうかんじになりました。

 

そこで、ぼくのとった方法は日常のレールからすこーしだけ外れてみるということです。

毎日何気なく通り過ぎている道で止まって景色を見てみる。

通勤の列にさっと入ってしまわずにぼんやりと人々を眺めてみる。

前じゃなくて、空を見てみる。とか。

 

本当に少しだけど生活のリズムを変えていくことでこの時期を脱しました。

ハイテンションの反動で「プチうつ」状態がやってくるので気を付けましょう。

 

現実的なトラブルが

環境や仕事を変えるとヒヤッとするようなトラブルに見舞われます。

ぼくはそうでした。

そうきたかー。というようなトラブル。

わりかしガチなやつなんでここでは書けませんが、やっぱりしっかりと貯金をしてきてよかったなと思いました。

かなり生々しい話。

ここで書くと色々と迷惑かかる人もいるので詳しくはこちらnoteで。

 

 

家族

子供達は幸いすぐに馴染めました。

子供の順応力はすごい。

まだ低学年なので大丈夫でした。

嫁さんは前にも書きましたが辛かったようです。しかし、今は仕事も始めてなんだかんだで楽しんでいます。

 

移住に役立ったモノたち

あと、過去記事でシャレも含めて役に立ったものまとめています。

ご参考に。

参照:【超感謝】移住で役に立った(立ってる)コスパの高い物達!!

 

 

移住するっていうのは自分の生活の質を上げようという行為なので、「生き方」を考えることにつながっていくことが多かったです。ぼくの場合。

意識高くなります。

 

住むことをエンターテイメントとして捉えてその喜びを享受できる「移住」。

でもそこには普段通りの生活があり、仕事や、お金、人間関係の諸問題も続いていきます。

ぼくはこうやって移住してきて、ブログを毎日書くという習慣を獲得しました。

「書く=考える」の習慣がついて、「住むだけではなくて、何を毎日やるのか」を考えています。

 

時々、京都が大好きな人から今の生活を「夢のようですね」と言われることがありますが夢のような生活にも普通の現実が横たわっています。

まあでもやってみればなんとかなるよ。問題でるけどそん時考えればいい。

でもある程度の貯蓄はしとこう。慌てなくて済むから。という「移住の憧れと現実」でした!

 

今日もよい1日を。

京都移住日記的まとめ

夢のような生活にも普通の現実が横たわっています。

まあでもやってみればなんとかなるよ。問題でるけどそん時考えればいい。

でもある程度の貯蓄はしとこう。慌てなくて済むから。


  いつも読んでいただいてありがとうございます🎵

ポチッとシェア、フォローしていただくと歓喜します!

 

                                      

京都移住について質問ご相談お受けします。