IMG 2442

 

最近MacBook Airが大活躍だ。

このパソコンのいいところは封筒に入る薄さで軽い。

バッグの中に入れてても全然苦にならない。

私はiPad miniにテザリングしてwifi環境で使う。

我が家のリビングで家族がいるところで作業ができるようになったため自室へ引き篭もらなくてよくなった。

家族の団欒のなかに存在していると言うだけでなんらかの意味がある気がする。

 

「父親」という存在。

それが家にいるときに家族の見える場所に在るというのは案外大事だ。

それが目の前のモニターを見ながら全然違うことをしていてもただ、そこに物理的に在るだけで違う。

「父ちゃんいつもいなかった」より「父ちゃん家にいるときはちゃぶ台でパソコン相手になんかやってた」の方が子供らの記憶という観点から言っても将来的に「父の記憶」の索引(インデックス)になる。

 

 

しかしこの薄っぺらいかっこいいパソコンが我が家の団欒に貢献しようとは。

21世紀初頭の極東でスティーブジョブズの遺産が大活躍だ。