最初に読んでほしい7つの事

久々に大分に帰って、昔の知り合いと飲む機会がありました。

「うわー。久しぶり。変わらないねえお互い。」

ところで今何してるの??

京都に移住してるの。

え?

京都に移住して生活してるの。

は??


image

いやはやごもっともな反応です。

飲み会の席で、説明を求められると簡潔には説明しづらい。

簡潔に説明しようと思うと「京都が好きだから」それだけ。

でも普通の大人は「京都の街が好きだから」とか「京都の山や鴨川沿いを走りたいから」とか「明日死んでも悔いがないように」とかいう理由ではわざわざ家族を連れて移住なんてしないんですよね。

でもそうなんですよ。

一年間10代の頃に住んでてあまりに好きすぎて。移住しました。

とは言っても、最初に読んでいただくと京都移住日記の背景が分かって、僕も嬉しい7つの事たち。

どうぞ!!

1.プロフィール

そもそも君は誰?

という話ですよね。

プロフィールに今までの経歴を書いています。

氏名:オクダ ヨウイチ  
1976年9月20日生まれ。  
出身地:大分県  
血液型:B型  
星座:乙女座
干支:辰年
好きな食べ物:カレー、肉、寿司

IMG_0213




2.なぜ京都?

京都の魅力ってなかなか説明しづらくって。

みんな一度は修学旅行では来てるんですよね。

でも、その時に「わー!京都ってすごい。大好き!!」

とは普通なりません。

ですので、京都移住を決めた理由を書きました。

Why 京都?住んでみても最高です。「3つの理由」

最高ですよ。マジで。京都に移住できたことは生きながらにして対岸にたどり着き、「憧れ」に潜り込んだ形です。


3.好きなこと。音楽と走ること。

別に売れてはいませんが20年間音楽やっています。

アルバムを2枚発売中です。itunesで買えます。

好きな人は異常に食らいついてくる音楽です。

一般的には好かれませんね。。。しかし、炸裂するあの瞬間が大好きでステージに上がり続けています。

京都はいいライブハウスが多くって活動しやすい。それも京都移住の理由の一つです。

020ac5e881bd931233d55dfb98073379

もうひとつ好きなこと。

異常に走ります。

100kmマラソンや富士山外輪を20時間かけて走ったSTY2015を完走。STY2015  トレイルラン へろへろ完走記(装備、シューズ等の情報も含む)も是非ご一読を!!

京都移住を決めたのは2014年の京都で行われたトレイルランレースで川の水が異常に綺麗だったんです。あと、鴨川や御所を走りたいと思って京都にきました。



STY2015ショット。


2014年の京都で行われたトレイルランレースで川の水が異常に綺麗だった。その時の写真。

IMG_0153



4.自身の問題について

僕は現在39歳ですが15歳の頃に「対人恐怖症」のかなり重たいやつになりました。

20年前に最初に京都に来たのも(当時18歳)なんとか環境を変えてリカバーしたいという思いもあり、親に頼み込んで1年間、京都で浪人生活を送らせてもらいました。

もうこの対人恐怖症とは長い付き合いでして、20年以上の「相棒」のようなものになりました。

というわけで対人恐怖症についてということで記事を書いていますのでご一読ください。

心の問題は目に見えないのでもし同じような人の一助になれば幸いです。



5.引き寄せの法則

40歳前に京都へ家族で移住というかなりハードルの高いタスクをクリアできました。

その時に活用したのがアファーメーションです。

【引き寄せの法則】アファーメーション についてもこの京都移住日記では定期的に記事を更新します。


6.どんな人に読んでほしいか

 京都に移住する前はなんだか悶々としていました。

住みたいところにも住めず、いつ転勤になるかわからない日々。

まるで気がついたら何処かの孤島に漂流してしまって「こんなはずでは。。 」というような気分でした。

おそらく日本中には同じような気持ちの人がたくさんいるのだと思います。(一年前の自分へという記事で当時の自分へ書いています。)



そして。
死ぬ1日前にはどこに住んでいて何をしたいかを目をつぶって真剣に考えた結果、京都にやってきて 自分自身の最高の生活を送っています。



このブログでは最高の生活を送るためのヒントをお届けします。


7.京都の楽しさ、素晴らしさ

京都市は年間5000万人の観光客が訪れる街です。

観光客の方々へも移住をしてみたい方へも京都の素晴らしさ、楽しさ、美味しいお店、裏情報!etcをお送りします。

毎日更新中ですのでLINEやTWITTER、facebookでフォローいただくと歓喜します。

ではでは。引き続き「京都移住日記」のなかで会いましょう。

*以下追記です。2017/7/2

<こんな人に読んでほしい>

ぼくは20代の後半に結婚しました。
家庭を築き、子供もすくすく育ってる。
でも30歳を過ぎて、忙しく日々は流れていきます。
これでいいのか?このまま思い通りにいかない日々でいいのか?
そんなことを悶々と考えて過ごしていました。
きっとそんな人たちはこの世界には溢れているんだと思います。
京都に移住して全てが解決したわけではないし、いいこともあれば困ったこともある。
でも、自分で人生をコントロールしている感触が確かにあります。
日々の生活に悶々として、心に黒いものを抱えて次の一歩が踏み出させない。
そんな人たちに読んでほしいです。
ぼくもまだまだ、ゴールではなくて「次の一歩」を今も模索しています。
このブログで考え、つづり、チャレンジしていくことが刺激になったら嬉しいです。



<このブログについて>

京都移住が実現し、好きな場所に住むという夢が叶いました。
次は京都を軸に「好きなことで生活ができるようになる」を目指しています。
「時間、場所、組織にとらわれることなく生きていけるようになるには?」をテーマにしてブログを更新中です。