おはよう京都。

イバヤ通信知っていますか?? (坂爪圭吾さん 「いばや」 について

面白いですよ。刮目という言葉を久々に体感させてもらいました。


お金を稼ぐというこの資本主義社会の大前提を投げ捨て、全財産今三千円とかでモスクワやクアラルンプール、ゴールドコーストなどに奇跡の力で行ってしまう人々。

「やばいことしかしない」という前提のもとに作られた合弁会社。イバヤ。

さあ、興味がわいた人ドアを開けよう。

そこには未だ見たことのない世界が広がっている。

ちなみに代表の坂爪氏は携帯番号や、自分の予定を常に大公開状態。

ぼくもメールでやり取りさせていただきました。

最近のぼくを助けてくれた言葉は「追い込まれてやろう、傷ついてやろうと思えば死なない」

でした。(若干、違ったらすみませんでもこんな感じの言葉)


イバヤ。イバヤ。新しい価値を創出しています。→イバヤ通信