今朝、Facebookを見ていたら株式会社Laplusさんの投稿に表題の京都国立博物館(以下、京博)の年間パスポートの投稿があり良いもの見つけたと思いシェアさせていただきます。

Unknown





ポイント


①年間3,000円で、
特別展覧会については、各展覧会につき1回、合計6回まで無料です!
②一般の観覧は520円、特別展の観覧は1,500円程度のため、2回観覧すれば元が取れます!
③京都市美術館、京都国立近代美術館、京都水族館などの施設が団体割引で観覧できます!
京都非公開文化財特別拝観の協力する神社仏閣の拝観料割引が受けられるます!
⑤特別展を2回観覧すれば元が取れます!
⑥常設展も高頻度で変わるため、飽きることはありません!
⑦大変静かな場所ですので、最適な空調の中で読書にも最適です!



うわーこれは良い情報。
近くに三十三間堂もあるし、学生さんであればここで静か名環境で集中して勉強もできますし、ファミリーであれば皆でのんびりと週末を過ごすこともできますね。
京都近隣の方もどうでしょう?週末京都旅行のお供に良いんじゃないでしょうか。
僕も早速買いに行きます。
情報一つでquality of lifeが変わる現代。素晴らしいですね。



以下、株式会社Laplus様のポストより。

京都で暮らす【東山区:アート】



☆「京都国立博物館」


■年パスはUSJだけじゃない!

今一番熱い年パスといえば、USJでもなく、ディズニーリゾートでもなく、そう「京都国立博物館」の年間パスポート!
と、声高に叫ぶのですが、見向きもしてもらえません。
年間たったの3,000円で、こんなにお得な年パスはないと思うのですが…
そこで、今回は京都に暮らすからこその、「京都国立博物館」(以下、「京博」)の楽しみ方をお伝えしたいと思います。



■年間パスの豊富な特典!


年間パスの王道的な楽しみ方として、代表的なものには下記の特典があります。
特典1 全国の国立博物館の平常展示が無料で観覧できる!
しかも、京博の特別展覧会については、各展覧会につき1回、合計6回まで無料です。ちなみに、京博の場合、一般の観覧は520円、特別展の観覧は1,500円程度のため、2回観覧すれば元が取れます!お得。
特典2 京博のミュージアムショップで一部商品が10%オフ!
特典3 京都市美術館、京都国立近代美術館、京都水族館などの施設が団体割引で観覧できる!
特典4 京都非公開文化財特別拝観の協力する神社仏閣の拝観料割引が受けられる!
これだけでも十分すぎる特典。
京都に住んでいるなら一枚は持っておきたいパスポートなのですが、ここまでは一般的な楽しみ方。続いては、年パスならではの贅沢な使い方です。


■少し贅沢な楽しみ方


楽しみ方1 好きな作品のみを眺めて、帰る。
いつでも何度でも入場できますので、好きな作品だけを眺めて帰ることもできますね。
楽しみ方2 京博を会員制の公園として活用する。
ロダンの「考える人」を眺めながら読書にふけったり、テラス席で飲み物を飲んだり。街中にありながら、高い建物も周囲にはないため、開放感に浸ることができます。
楽しみ方3 京博を巨大なネットカフェとして利用する。
建物内には、Free-Wifiも完備されていますので、ネットをしたり、ラウンジ、デッキスペースで読書したり、レファレンスコーナーで調べ物をしたり、参考図書を読むこともできます。静かな建物内はとても落ち着いた雰囲気で、集中できます。



■まとめ


・特別展を2回観覧すれば元が取れます!

・常設展も高頻度で変わるため、飽きることはありません。

・大変静かな場所ですので、最適な空調の中で読書にも最適です。
------------------------
「京都国立博物館」

住所 都市東山区茶屋町527

   ※京阪「七条」駅 徒歩約7分。 

開館 9:30-17:00(入場は閉館30分前まで)

定休 月曜日(月曜日が休日となる場合は開館、翌火曜日を休館とします)

 


 

 

 京都に家族で移住したよ!


京都に20年前に1年間住んでいたんですがあまりに好きすぎて40歳を前にして家族で京都市へ移住しました。

きっかけは2014年秋で京都に出たトレイルランレース。あまりに山や川が綺麗で、やはり京都は魅力にあふれる街でした。

音楽家として20年間活動しています。京都は創作活動、ライブをやるにもメリットが盛りだくさんです。

                                                      

 




京都移住


 




引き寄せマスター です!

京都移住が成功したり、やりたいことがどんどん叶って行ったり。
引き寄せの法則を研究して実践。




死ぬほど走るよ!

100km走ったり、富士山の外輪を寝ずに20時間走り続けたり。
人間に限界はありません。